尿路結石解消 無料トライ

磁気活水を飲用する
尿路結石を解消する方法があります。それは「磁気活水を飲用する」という簡単な方法です。磁気活水の中では「カルシウムがくっつかない」のです。だから石が大きくなる前に排泄されます。既にある結石は、カドが取れたり割れたりして、排泄されます。
また、磁気活水は浸透性が良く飲みやすい水ですから、胃が張らずに毎日2リットルくらい簡単に飲めます。ですから排石が促進されます。

統計調査をする
磁気活水で尿路結石が解消されることは、多数の実績もあり、数十年前から一部の人々に知られていました。しかし大規模な実践調査がなされて来なかったので、まだ確定できていません。調査がなされなかった理由は、磁気活水器を広汎に利用することができなかったからだと考えられます。そこで当事務所は、磁気活水器をたくさん利用できる方法を開発し、統計調査をすることにしました。

磁気活水器1年間無料貸し出し
株式会社Kenkanko製造の磁気活水器マイルドシャワーを最長で1年間、無料でお貸しいたします。それがあれば毎日簡単に、水道水を磁気活水に変えて飲むことができます。

ただし返品が滞ると調査が続けられませんので、貸出し時に返却保証金として2万円をお預かりします。1年以内に貸出品を返却していただけば、保証金は全額返金いたします。

調査のやり方
調査はまず、2千人規模で尿路結石の自力排石について調査します。2年ほどかけてモニターを募集し、2020年には結果をまとめる計画です。尿路結石で病院にかかってから、自力排石できるまでの日数は、現状では下表のようになっています。

医療機関では、自力排石を促進するために水を多く飲むようにと指導します。その水を磁気活水にすることで日数が短縮されるでしょう。調査は郵便アンケートによって行います。

第2段階 再発率の調査
磁気活水で自力排石が促進できたら、磁気活水器をそのまま継続使用したい、という方もおられるでしょう。その場合はアンケートの回答に「購入希望」と付記していただけば、預かり金の2万円でそのまま貸出現品を購入していただけます。モニターが2千人いれば、継続使用される方も半分の千人くらいはおられると思われます。

調査の第2段階では、継続使用される方々の再発率を、向こう5年間追跡調査します。これも郵便アンケートで実施します。一度尿路結石になると、再発しやすくなります。下のグラフのように5割近くが5年内に、6割が10年内に再発していることが、世界の学会で報告されています。

ところが磁気活水を常時飲用していれば、赤い予想線のようになると期待されます。次ページで説明していますが、「磁気活水では結石は成長できない」というシンプルな物理法則があるからです。原理的には再発はなくなるはずですが、腎臓に結石が残っていて、それが時々落ちてくるとか、磁気活水を飲用することがおろそかになる、などもあり、完全にゼロにはならないでしょう。ゼロにはならなくても再発が激減すれば、それは尿路結石が予防できたということですから、人類は尿路結石の悩みから解放されることになります。

この方法の優れた点は、苦痛なく誰でも簡単に出来ること、副作用がまったくないこと、費用がかからないこと、です。尿路結石でお困りの方はぜひトライしてみてください。そして良い結果が得られたら、ぜひ周囲にも情報を拡散してください。

次へ(磁気活水で自力排石)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする