動脈硬化と血管の石灰化

アテローム動脈硬化
動脈硬化とは、動脈の壁が厚くなって硬くなることです。主なものはアテローム動脈硬化と呼ばれるもので、脂肪性物質のまだら状の沈着物(アテローム)が、動脈の内壁で大きくなります。アテロームは、細胞の断片、コレステロールの結晶、カルシウムとともに、血管壁の内膜に蓄積します。

アテローム動脈硬化は、動脈壁が繰返し損傷を受けることで起こります。損傷を起こす因子には、血流の乱れ(高血圧による動脈流の乱れなど)による物理的なストレスや、血流の化学的異常(高コレステロール値や糖尿病など)にかかわる炎症性ストレスなどがあります。

アテロームは大きくなるにつれて動脈壁から動脈の中へ突き出す場合があります。それによって動脈が狭くなると、血流の減少や遮断が生じ、その先の組織は十分な量の血液と酸素を受け取ることができなくなります。
動脈内に突き出さないアテロームも、破裂すると血栓になり動脈をふさぎます。すると、心臓発作や脳卒中が起こります。血圧が高いとアテロームが破裂しやすくなりますから、高血圧はアテローム動脈硬化による心臓発作や、脳卒中の誘因となります。

アテローム動脈硬化を引き起こす危険因子には、喫煙、高コレステロール、高血圧、高血糖、肥満、運動不足、食事などがあります。ですから予防するには、禁煙、食事の改善、肥満の改善、血圧と糖尿病の維持管理、規則的な運動、などを行う必要があります。

血管の石灰化
動脈硬化が進行すると、アテロームに血液の中に含まれているカルシウムがくっついてしまうことがあります。これを血管の石灰化と言い、アテロームの周辺がさらに硬くなります。

石灰化すると血管が狭窄化したり、動脈瘤になったりして、命に関わることになります。しかし現在の医療では血管の石灰化を解消する方法はありません
ところが、医療界ではまだ知られていませんが、磁気活水はその物理的な性質によって、カルシウムの付着が起きなくなります。ですから磁気活水は、血管の石灰化だけでなく、老化現象である、体のいろいろな部分の石灰化を自然に防いでくれます。

磁気活水による石灰化の防止については、当サイト内の「さよなら尿路結石」で詳しく説明しています。また、磁気活水器メーカー㈱ケンカンコウのサイトの理論「磁気活水の性質」で科学的な説明をしています。

スペース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする