減塩は無用

血圧と塩分とは関係がない
塩分を取りすぎると高血圧になる、という「定説」があります。しかしそれは間違いです。塩分の摂取を控えても血圧は下がりませんし、塩分を多めに取っても血圧は上がりません。血圧と塩分は、ほぼ関係がないのです。このことは科学的に確定しています。

冷蔵庫がなかった時代は、食物は塩漬けにされていました。肉も魚も野菜も梅干しも、今からみると恐ろしく塩辛い味でした。そういう時代はともかく、現代では、普通の味覚を持って、普通に暮らしていれば、塩分の取りすぎになることはありません。塩辛い物を食べすぎると、のどが渇いて水が欲しくなり、水を飲むと尿が出て、塩分も一緒に排泄されます。塩分は体には貯まらないのです。

確かに、体液中の塩分濃度が上がると、血圧は一時的に高くなります。それは塩分を排泄するために、腎臓のフィルターに圧力が必要だからです。腎臓から脳に対して「血圧を上げてくれ」という要望(アンジオテンシンという物質)が出て、脳が心臓に命令して血圧を上げるのです。するとその圧力で塩分が尿の中に排泄され、体液中の塩分濃度が下がると腎臓からの要求が解消され、血圧は元に戻ります。

日本人には塩が足りない
逆に、日本人は減塩のしすぎで塩分不足になっています。マグネシウムなどの微量ミネラルを含む天然塩は健康に必須です。ミネラルが不足しては、体が動かなくなります。

戦国時代に周囲を山に囲まれた甲斐の武田信玄は、海のある駿河(今川)や相模(北条)との同盟関係が切れて塩をストップされ、農民も武士も塩が不足して健康に害が出始めました。するとそれを知った宿敵の越後の上杉謙信が武田信玄に越後の塩を送りました。「敵に塩を送る」という有名な逸話です。塩が不足すると元気が出ないのです。

塩にはたくさんのナトリウムが含まれています。野菜にはたくさんおカリウムが含まれています。体の電気的な動きにはナトリウムとカリウムのバランスが大切です。日本一塩を食べる県は長野県です。それなのに日本一長寿の県は長野県です。なぜなら日本一野菜を食べる県も長野県だからです。

アフリカの象は、塩がある場所を知っていて、定期的に隊列を組んで塩を食べに行きます。しかしライオンはそれをしません。なぜなら象は草食ですが、ライオンは動物の血肉を食べるので、血から塩分がとれるからです。

ライオンと同じように、西洋人は肉を多く食べますから、あまり塩分をとらなくても良いのです。日本人は穀物や野菜が中心ですから、西洋人に比べて塩分を多くとる必要があります。ですから和食は、味噌や醤油などを用いて、自然に塩分が多い味付けになっています。

熱中症予防に塩分をとる
また、夏になるとテレビで、「しっかり塩分を取りましょう」と呼びかけています。熱中症対策です。塩分が足りないと熱中症になるからです。

塩分を1日に12g以下にしようとか、10g以下にしよう、とさかんに言われていますが、それは間違いです。必要量は一律にグラム数で決まるのではなく、要は、塩分は出て行った分を補給する必要があります。建設労働者やスポーツ選手は、たくさん取らねばなりません。必要な量は人により時によるのです。そしてそれは、自分の感覚で自然に決められるように、人間の体や味覚は出来ています。
減塩しても血圧は下がりません。しかもその血圧基準が間違っているのですから、二重に馬鹿げています。減塩で「味気ない」生活をすることは無意味です。しっかりと天然塩(ナトリウム99.9%のJT塩はダメ)を摂取して「味気ある生活」をしましょう。

スペース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする