日本新生さらば核発電

まえがき
私は団塊の世代です。これからは原子力の時代だと憧れて京大原子核工学科で学びました。しかし学ぶうちに、原子力が人類の手に余るものであることが分かりました。卒業後は原子力に関わることなく過ごしてきましたが、原発で事故があると気になって、資料を集めたり、新聞に原発反対の投書をしたりしていました。今は小さな孫が3人います。この子たちが大きくなる頃には日本から原発をなくしたいものです。
上の歌は、「原爆を許すまじ」という歌の3番と4番です。昭和29年3月1日、南太平洋のビキニ環礁でアメリカが水爆実験を行い、日本のマグロ漁船「第5福竜丸」が死の灰を浴びました。焼津港に帰港して乗組員は病院に収容されましたが、やがて無線長だった久保山愛吉さんが亡くなりました。昭和20年に原爆を落とされながら、占領軍の統制で原爆について語ることもできなかった日本に、原水爆反対の運動が一挙にわき起こり、反対の署名が三千万人も集まったほどです。この歌はその中で作られました。
みたび許すまじとは、ヒロシマ、ナガサキに続いて3度目は許さないということで、唯一の被爆国である日本から世界に発信し続けてきたメッセージです。作曲の故木下航二先生は東京の日比谷高校の社会科の先生で、昭和38年に私が同校に入学したときの学年担任でした。

原爆と原発は違うものですが、物理的な本質は同じです。原発で事故が起きれば同じようなことが起こります。ですからいま福島で、「絶え間なき労働で築き上げた富と幸」が奪われるという、まさにこの歌と同じことが起きています。また日本の原子力利用は、内心で核武装を目指す右派の人々によって「ヨロイの上の衣」として始められたという歴史があります。そういう意味で原爆と原発は紙一重なのです。
私たちは福島から世界に大量の放射能をまき散らしてしまいました。許すまじと訴えた3度目(チェルノブイリを含めると4度目)は、日本人自身によってなされてしまったのです。今年の広島、長崎での平和祈念集会で、菅直人前総理はこれまでの政府の方針を変えて、脱原発依存、エネルギー政策の見直しを世界に約束しました。福島の惨状を見れば当然の方針であり決意です。
日本はこれからどういう道を進めばよいのでしょうか。毎年やって来る広島、長崎の平和祈念集会で、世界に向けてどんなメッセージを出せるのでしょうか。本書が、みなさんがそういうことを考えるための一助になれば幸いです。  2011年10月17日 著者

目次  番号をクリック↓

さらば核発電TOP
核発電とは何か
核発電がダメなわけ
脱・核発電の道

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする