片頭痛を防ぐ方法

痛みとは、体が傷ついたことを知るための感覚である。この感覚があるので、人は体が傷つかないように注意して暮らすようになる。つまり痛覚は必要な感覚なのである。だからむやみに痛みを止めることはよくない。

痛みとは、通常はそれだけでは病気ではなく、何らかの原因で生じている症状の一つにすぎない。頭痛の場合は、クモ膜下出血とか、頭を打ったとかの原因があって生じている。しかし原因がはっきりしないのに、繰り返し頭が痛くなることがある。その場合は一連の頭痛を一つの病気と考えて、「頭痛症」という病気と認識される。いま日本では原因不明の頭痛症で悩む人が1千万人ほどいると推定されている。

エムガルティ
2021年にエムガルティという注射薬が厚労省に承認された。国内試験では、6ヶ月で、半数以上の人で頭痛の回数が半減したと報告されている。

メーカー(イーライリリー)の説明によると、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド Calsitonin Gene-Related Peptide)という「痛み物質」が脳から分泌されて、それが痛覚を刺激することで頭痛が起きるということである。しかし事前にエムガルティが注射されていると、エムガルティが「痛み物質」と結合して、「痛み物質」を無力化し、痛みが起きなくなる。しかし日にちが経って、エムガルティの分布濃度が低下していくと効果が薄れるので、エムガルティは毎月1回注射しなければならない。

この説明から、頭痛が起きるメカニズムは次図のようになっていると考えられる。

脳自体には痛覚はない。だから脳が直接痛くなることはない。痛覚の神経は脳本体の外の頭蓋骨の裏側にある(図の赤線)。脳から「痛み物質」が分泌され、それが痛覚に達すると、痛覚が刺激されて痛みの神経信号が出て、それがまた脳に送られて、脳が、痛みの場所と程度を認識するのである。

「痛み物質」が痛みを引き起こすには、ある程度の量が必要だと考えられる。「痛み物質」の量が、ある境界値以下であれば痛みは感じないが、境界値を越えると痛みを感じるようになる。たとえば頭を打つと、脳は「痛み物質」を分泌し、その量が境界値を越えると頭痛が起きてくるのである。片頭痛とか群発頭痛とかは、特に頭を打たなくても起きる頭痛だが、痛みのメカニズムは同じだと考えられる。

痛みは必要な感覚だから、痛覚を麻痺させたり、「痛み物質」の産生を止めることは、生命原理に反することで、賢明な策ではない。それに比べれば、エムガルティが「痛み物質」を包み込んで無力化するのは、良い方法である。頭痛治療の歴史では画期的な方法だと言われている。しかしエムガルティは毎回費用がかかるし、副作用もないではない。

頭痛発生の原理から考えれば、もっと簡単で、安価で、副作用のない方法がある。それは脳髄液の流れを良くして、「痛み物質」を早めに除去することである。脳髄液の流れが普通であれば、頭蓋内で「痛み物質」の濃度が高まらず、頭痛が起きない。おそらく、大多数の人の脳はそのように出来ている。だから「痛み物質」が出てもむやみに頭痛が起ることはない。頭痛が起きるのは脳髄液の流れがどこかで遅くなって、「痛み物質」が滞留して、濃度が高くなるからである。そのイメージを図にすると下のようになる。

脳髄液の流れが遅くなる原因は、食事、飲酒、睡眠不足、心配事、臭い、光刺激、低気圧、生理、などいろいろある。それらの原因がなければ頭痛は起きないわけだが、それらの原因があっても、脳髄液の流れを良くして「痛み物質」をすみやかに除去できれば、頭痛は起きなくなると思われる。

動画

モニター募集中
吉岡事務所では「てんかん発作半減」の実証テストに続き、片頭痛などの頭痛解消の実証テストを計画し、モニターを募集しています。磁気活水マイルドシャワーを1年間無料でレンタルいたしますので、ご希望の方は申し込み欄からお申し込みください。

モニター申し込み欄

お電話でも受け付けております。
078-367-3477